スマイルゼミのクレヨンしんちゃんコラボ!スペシャル特典がイイ

スマイルゼミが「映画クレヨンしんちゃん」とコラボ

 スマイルゼミを運営する株式会社ジャストシステムが、とうとうやってくれた。

今までのスマイルゼミで、ここまで大々的なコラボは記憶にない

最近のものでは、ステッカーをはじめとするポケットモンスターの販促用のグッズくらいだろうか。

スマイルゼミ,クレヨンしんちゃん

 しかし今回は、あの嵐を呼ぶ幼稚園児「クレヨンしんちゃん」が、タブレットの中まで入って来た

正確には、映画版のクレヨンしんちゃんとの期間限定コラボだが、スマイルゼミ利用者としてはかなりショッキングな出来事である。

 今回コラボの特典がもらえる対象コースは、幼児と小学生の2コース

特に小学生コースは2種類の特典をもらえるので、もっともおトクな年代である。

わが家の娘は幼児コース、今回ゲットしたコレクションカードをもとに特典を紹介する。

そして公表されていない「隠れ特典」のようなタブレット内のアイテムも紹介する。

キャンペーン期間は終了しているが、今回のスマイルゼミのコラボ企画が見事だったので、解説も含めて紹介させていただく。

バナー広告のご注意

 当ブログの記事では、学習ツール紹介のため以下のようなバナー広告を掲載しています。

クリックすると外部の専用ページへと移動し、各種情報の入力画面などが表示されます。

内容をよくご確認のうえ、お申し込みなどをお願いします。



スマイルゼミとのわが家の関わり

 わが家では娘が4歳のときにスマイルゼミを開始し、1年以上利用している。

保育園から帰宅した夕方に声をかけると、娘が学習を開始する。

だがさすがに、声をかけないとタブレットを手に取ることはない(泣)

 以前はこどもチャレンジを2年以上利用していたが、テキストとふろくの量にうんざり。

スマイルゼミの特設ブースでこどもの感触が良かったので、スマイルゼミに切り替えた

結果、こどもの学習ツールの断捨離ができ、リビングが整理しやすくスッキリ良い気持ち

私の詳しい説明はこちら → プロフィールへ

スマイルゼミ,クレヨンしんちゃん

スペシャル特典1 スマイルゼミ限定 コレクションカード

スマイルゼミ,クレヨンしんちゃん

 毎日の課題をクリアするとゲットできるタブレット上のコレクションカード

今回のしんちゃんコラボでは、全15種類のカードがある。

ゲットしたカードをタッチすると、スマイルゼミのいつもの優しいお姉さんの声で読み上げてくれる

そして今回のコラボでは、しんちゃんボイスのおまけつき

スマイルゼミ,クレヨンしんちゃん

↑ 妹のひまわりは、いつ見てもかわいい。

作品の幅をグッと広げた功労者である。

 この記事で紹介しているのは幼児コース版だが、小学生コースではカード内容が異なるらしい。

コレクションカードは、毎日はもらえない

 幼児コースでは毎日の課題をクリアすると、「ごほうび」がもらえる。

それは「マイキャラパーツ」「コレクションカード」の1回ずつの交互となる。

そのため、毎日課題をクリアしても、コレクションカードは2日に1回となる。

スマイルゼミ,クレヨンしんちゃん

↑ カンタム・ロボのカードが出てきたときは嬉しかったが、娘は知らないようだった。

映画版ゆえに、誰?

スマイルゼミ,クレヨンしんちゃん

↑ 娘が、今回の期間に最初にゲットしたカード。

おそらく映画版の特別キャラクターなのか、娘も私も「誰?」の世界。

このカードで娘の興味が尽きなくてよかった。

完全なランダムではなく、運営上でカードの当たり方も工夫が必要なのかもしれない。

出た!映画版でも、これぞしんちゃん

スマイルゼミ,クレヨンしんちゃん

↑ しんちゃんといえば、おしり!

映画でも当然おしりを出しているのだろうが、スマイルゼミでもアピールしてきた。

学習ツールなのでナイーブなところもあるかもしれないが、しんちゃんの特性もしっかり表現する

こういう尖ったところに、スマイルゼミの今回のコラボの意気込みが感じられる

コレクションカードの難点

スマイルゼミ,クレヨンしんちゃん

 今回のコラボでは除外されたようだが、コレクションカードシステムの難点は、かぶること

 この「かぶりシステム」で、娘は何度も落胆を味わっている。

過去の「はたらくくるま」シリーズでは全15枚集められない中で、「移動図書館車」が3枚もかぶるというドロ沼状態。

スマイルゼミ,クレヨンしんちゃん

せめて全15枚コンプリートさせてから、かぶらせたらよいのに。

スマイルゼミ,クレヨンしんちゃん

現実のカード収集では、「かぶり」は避けては通れない宿命。

しかし、幼児の学習タブレットでここまでリアリティが必要だろうか。

コレクションカードだけではなかった、クレヨンしんちゃん隠れ特典

 幼児コースでは、今回の特典はコレクションカードだけだと思っていたが、実は「隠れ特典」が存在した。

実はマイキャラパーツ上でも、しんちゃんコラボのアイテムがゲットできることだ。

 マイキャラパーツとは、利用者がタブレット上で設定したアバターに、どんどんアイテムを付けていけるごほうびシステムのこと。

 毎日の課題をクリアすると、コレクションカードと交互でもらえる「ごほうび」だ。

スマイルゼミ,クレヨンしんちゃん

隠れ特典には、大きな意義があった

 隠れ特典といっても、単なるアバターのいちアイテムに過ぎない。

しかし、利用者にとっては大きな意義があるのだ。

マイキャラパーツ制度は半年もすると、こどもの飽きが見えてきた

アバターの着せ替えができる程度で、アバターのパワーアップ感を感じられないからだろう。

そのため、コレクションカードが出てくる日には進んでタブレットを手に取るが、マイキャラパーツの日にはなかなかモチベーションが上がらなかった。

しかし、今回の期間では、マイキャラパーツ上にもしんちゃんグッズが出てくる

スマイルゼミ,クレヨンしんちゃん

そのため、コレクションカードと合わせて、毎日しんちゃんに触れあえる可能性があるのだ。

今回のコラボでは紹介されていない特典だが、もっと前面に押し出しても良かったのではないか。

テレビCMでもひそかに映っていたが、利用者としてはとてもありがたいアイテムだ

スマイルゼミ,クレヨンしんちゃん

↑ いつもと違うマイキャラパーツの刺激に、娘は大喜び 。


スペシャル特典2 スマイルゼミ限定 スターアプリ

 小学生コースでは、学習するとたまる「スター」を使って遊べる「スターアプリ」にしんちゃんゲームが登場する。

 毎日の学習の動機付けにいつもと違う刺激が加わり、小学生の勉強がはかどるだろう

娘にもぜひ体験させたかったコラボ企画である。

小学生コースの利用者が、うらやましい。



スペシャル特典に関する注意

 スマイルゼミの公式ホームページにも掲載されているが、今回のスペシャル特典には注意がある

実際に、「※上記は、スマイルゼミで勉強を進めるなかで、ごほうびとして遊べるコンテンツです。」とホームページ上で注記されている。

 コレクションカードはどんなに頑張っても2日に1回しかもらえない

カードの「かぶり」が発生しないとしても、全15枚のカードを集めるには最短で30日かかる

タブレットの電源を入れれば、ゲットできているものではない。

コラボ期間に注意

 今回のコラボキャンペーン期間は、2023年6月16日(金)~2023年8月28日(月)

8月4日に全国公開される、映画版クレヨンしんちゃん『しん次元クレヨンしんちゃん超能力大決戦』に先立ってのコラボ企画である。

 我が家でも娘のスマイルゼミを見ていたら、「娘と、クレヨンしんちゃんの映画を観たいな~」と思ってしまった。

コラボ効果はてきめん、だろう。

今回の映画は「しん次元」とあるように、しんちゃん初のCG映画なのだ。

今後の映画版クレヨンしんちゃんの「試金石」となる試みだろう。

頑張れ、しんちゃん!

気になるスマイルゼミの月額料金

 スマイルゼミの幼児コースの月額料金は、12か月の一括払いが最安で3,278円/月(税込)

年少~年長までの3年間、ずっと一緒の料金が嬉しい。

小学校1年生の標準クラスは幼児コースと同一料金だが、2年生以降料金が高くなっていく仕組みだ。

学習がこどもになじむかどうか不安な方には、2週間のお試し期間もある

実質1,000円程度の送料負担のみで、専用タブレットを使い無料お試しができるおトクな制度。

まずは、こちらのバナー広告から無料の資料請求をどうぞ。



しんちゃんと見事にコラボしたスマイルゼミ

 今まで1年以上スマイルゼミを利用していたが、今回のしんちゃんコラボの企画内容・クオリティにはとても驚いた

おとなしい印象のスマイルゼミで、ここまで尖ったクレヨンしんちゃんとのコラボはとても斬新だった。

さらにスペシャル特典のクオリティも高く、納得のいくものであった。

コラボ期間は2か月弱と短いが、今回コラボの試みが評価されることを期待したい。

 そして来年以降も、こういった尖った企画をスマイルゼミに展開して欲しいものである。

こどもに人気のあるアニメキャラクターとのコラボや、コレクションカードのカテゴリーを「しんかんせん」や「くるま」などとさらに特化させてほしい。



あわせて読みたいイチ押し記事

・スマイルゼミ幼児コースの詳しい説明は、こちら(内部リンク先へ)

【スマイルゼミの月額料金に納得!】学校の授業だけではかなり不安な親ごころ

はじめに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました