【毎日楽しく英語と触れ合える!】ディズニー英語 教材解説その1「トークアロング・カード」

毎日楽しく触れあえる英語教材「トークアロング・カード」

 子どもの英会話教室や教材で迷っている方に、ぜひお聞きしたい。

子どもの英語の学習に、何を重視するつもりか?

子どもを持つ親としては、

「英語の必要性は感じる。しかし、子どもにどんな教材を使わせるのか」

と頭を悩めているのではないか。

できれば乳幼児のころから、しっかり英語を身につけさせてあげたい。

しかし英語教材は多岐にわたり、限られた家計の予算でどれを選んで良いのか分からない。

 それならば、子どもが自主的に、毎日楽しく英語に触れられる教材はいかがか?

どんな立派な教材や万全な英会話教室でも、本人のやる気が続かないと意味がない

そもそも幼児にそんな「やる気」を求めてもしょうがない(泣)

ならば幼児本人が「毎日楽しく触れ合える」教材ならどうか

そんな要素を満たすのが、DWEの「トークアロング・カード」だ。

毎日,楽しく,英語

DWEの全教材を解説中

 では、DWE教材をセット購入した方は、すべての教材を使いこなせているだろうか?

DWE教材はバリエーションが多く、教材の料金も高い。

そのため、親としては教材の特徴をしっかり把握し、我が子の特性に合わせたモノを選びたい

そんなお悩みに応えるべく、これからDWEの全教材を解説していく。

 ・こちらでDWEの全教材を解説中 → 「 解説!DWE教材 」(ホームページ内リンク)

 第1弾は、教材の中で最も目立つ「トークアロング・カード」の料金と内容を説明。

この記事を読むと、トークアロング・カードの詳細だけではなく、購入者でも気づかない活用方法なども分かる

PRバナー広告のご注意

 このブログの記事では、学習ツール紹介のためPRバナー広告を掲載しています。

クリックすると外部の専用ページへと移動し、各種情報の入力画面などが表示されます。

内容をよくご確認のうえ、お申し込みなどをお願いします。

・「この教材がいいな!」と思ったら、無料サンプルの請求をどうぞ ↓

0~4才のお子様のご両親へプレゼント

わが家のディズニー英語購入状況

 我が家では、実際に2022年5月にDWEを正規購入。

購入時の子ども2人の年齢は、4歳&1歳

それまで、子どもチャレンジイングリッシュを利用していたが、DWEに切り替え。

購入したセットは、「ミッキーパッケージ+GAQ」(税込 918,500円)。

無料体験時にトークアロング・カードにしっかり触らせてもらい、その仕組みのとりこになった。

毎日,楽しく,英語

・DWE購入を検討されている方へのイチオシ記事(内部リンクへ)↓

ディズニー英語 無料サンプル&無料体験の魅力はいかほどか?

・DWE購入を検討されている方への記事(内部リンクへ)↓

ディズニー英語 購入するなら、このセットがおススメ!

・著者の私のこと(内部リンクへ) →  私のプロフィール

ディズニー英語 トークアロング・カードの料金

 電話案内では教えてくれなかったが、トークアロング・カードは単独では購入できないようだ。

そこで単品の値段は不明だが、セットパッケージ単純合計の差額から料金を計算してみた。

「ミニー・パッケージ(TDS)」ー「グーフィー・パッケージ(DS)」

=694,100ー369,600=324,500円(税込)

 ひえぇぇぇぇ、月給が吹っ飛ぶ!乾燥機付き全自動洗濯機が買える。

セットの特別割引がかかると、184,800円(税込)

これでもなかなかの料金。

この料金を見るたび、「必死で活用せねば!」と思い直す値段である。

毎日,楽しく,英語

最安値で購入するといくらか

 もし実際にトークアロング・カードを最安値で購入したければ、「ドナルド・パッケージ(TS)」382,800円(税込)になるだろう。

ただし、会員税込価格162,800円の「シング・アロング・セット(S)」が含まれている

このシング・アロング・セットが、DWEシステムの基礎商品のようである。

「DWE推奨パッケージ価格表」の細かい注意書きを見ると、シング・アロング・セットは初回に単体購入可能。

その後の追加購入で、トークアロング・カードの単体購入が可能となる。

ただし、お得なセット特別割引が効かないので、総額が高くなってしまう。

ディズニー英語 トークアロング・カードとは

 専用機械「プレイメイト・エアー」と、両面印刷の専用カード510枚のセット。

専用カードをプレイメイト・エアーに読み込ませることで、英単語や複数の文章を発音してくれる。

カードの表面は基本単語、裏面にはフレーズが印刷されている。

裏面はランダムで複数の音声が切り替わるので、1枚のカードで3回ほど学べる。

プレイメイト・エアー

 専用カードを読み取る機械で、横:約32㎝、縦約18㎝、厚み:約7㎝。

重さは830gで取っ手もあり、幼児でも持ち運びしやすい。

丸みを帯びたフォルムやデザインが、ディズニーらしくて可愛らしい。

向かって右側から専用カードを通すと、センサーが感知し中のローラーが稼働。

向かって左にカードを運ぶ間に、英単語やフレーズの音声が流れる

毎日,楽しく,英語

↑溝の中央当たりに、白いローラーがある。

専用カードが移動していく様子に、子どもたちが興味を惹かれる。

カードを挿入すると自動で電源が入り、3分間操作しないと自動で電源が切れる優れもの。

 プレイメイトエアーは、2019年頃に初期型プレイメイトから大幅リニューアルされた。

その性能や使い勝手は、各段にアップしている(詳細は、ページ下段へ

本体の充電

 充電は付属の専用ACアダプターで行なうことができる。

2時間も充電すれば、満充電になるようである。

毎日10分ほど使っても、毎月充電するまでには及ばない。 

ちなみに、他教材「マジックペン&ライト・ライト・ペン」の専用ACアダプターでも、充電可能なのでとても助かっている。

毎日,楽しく,英語

 ↑ 充電口のUSBポート

録音用マイク

 内臓マイクにより録音可能だが、さらにキレイに録音したい場合は外付けマイクもある。

外付けマイクを差し込むと、内臓マイクから自動で録音機能が切り替わる。

残念ながら、我が家ではあまり使っていない。

毎日,楽しく,英語

専用カード

縦13㎝×横28㎝、1枚当たりの重さは13グラム。

しっかりとした紙製?なのか、乳幼児が多少乱暴に扱っても大丈夫である。

これが計510枚、ビッチリ!と2箱に分かれて収納されている。

この箱自体も、製造技術を誇るかのようにしっかりとした作り。

手にしたときの満足感は高いが、カードを毎日取り出しやすいように工夫されていない。

毎日,楽しく,英語

マジック・スクリーン/マジック・カード

専用カード510枚のうち、60枚ほど見た目が異なるマジック・カードが入っている。

このマジック・カードは、表面は赤と緑色、裏面は黒色でプリントされている。

毎日,楽しく,英語

↓ マジック・スクリーンを、プレイメイト・エアーにセットして

毎日,楽しく,英語

マジック・カードを読み込ませると

毎日,楽しく,英語

↑ 緑スクリーンで、赤色のイラストのみが表示され発音。

プレイメイト・エアーが途中で動きを止めてくれる、スゴイ!

毎日,楽しく,英語

↑赤スクリーンでは、緑色のイラストのみが表示される。

このマジック・カードには、似たような動き、単数形/複数形など、対比によって認識させる単語が選ばれている。

 このマジック・スクリーンの仕組みは面白いが、スクリーン越しのイラストが見えにくいのか、子どもらはあまり喰いつかず。

わが家では、ノーマルカードの息抜き的に活用している。

ディズニー英語 わが家の工夫:専用カードを取り出しやすく

 先に述べたように、専用カードはから取り出しにくい。

当初は、箱のふたを外してプレイメイト・エアーの脇に置いていた。

しかし、几帳面な息子が、ふたを持って来て被せていく。

翌日、気づいた私がふたを外す→また息子が被せる、を毎日繰り返していた。

そこで、100円ショップで大きめのケースを購入し、交互に斜めに入れてみた。

これで視認性が向上し、子どもたちが目にしやすくなった。

毎日,楽しく,英語

ディズニー英語 プレイメイトの大幅なリニューアル

 ここからはDWEの昔話である。

プレイメイト・エアーの利用者はホッとする話なので、安心して読んでもらいたい。

 知人のDWE購入者から聞いた話だが、2019年に教材の大幅なリニューアルが行われた。

主な内容としては、

・DVD映像が、キレイで新しいものに換えられた

・プレイメイト → プレイメイト・エアーにモデルチェンジ

 更新前の購入者が更新後の教材にアップデートしようとすると、そこから約10万円ほどの追加費用がかかるらしい。

毎日,楽しく,英語

初期型プレイメイトの使いにくさ

 その知人は怒った様子で、初期型プレイメイトを見せてくれた。

知人があまりにも怒っているので写真は撮らなかった。

初期型はごつごつと角ばっており、機械感を感じた。

充電システムはなく、コンセントを差して使う必要がある。

専用カードの読み込みが弱く、しっかりセットしないと読んでくれない

(プレイメイトエアーは、少し斜めに差し込んでもある程度読んでくれる)

そのような操作性の悪さもあってか、教材は子どもの心から離れて部屋の隅で幕が掛けられていた。

WFCの会員特別保証制度は?

 もしプレイメイトやDVDなどが破損すれば(決して故意ではない)、WFCのサポートで更新後のものに交換してくれるのではないか?

私はそんな疑問を抱いたが、その知人もすでにWFCに問い合わせたらしい。

しかし、更新前の教材については、10年間は対応できるようにそれ用の在庫がある、とのこと。

そのため、更新前の旧機種としっかり交換してもらえるのだ。

おそるべし、ディズニー英語システム。

毎日,楽しく,英語

もっとトーク・アロングしたい方に、Q&Aカード

 トークアロング・カードには、うれしい拡張商品「Q&Aカードがある。

正式名称は、「Question and Answer Cards」。

4箱に25枚ずつ、計100枚入っている。

基本的には専用カードと同じ材質で、両面印刷の構造である。

大きな違いは、G&Aカードは三~五角形の形状。

プレイメイト(エアー)でおもて側を読み込むと、英語で質問される

この質問も複数あり、ランダムで出題される。

その質問の答えを、うら側のイラストの辺を読み込むことで答えるのである。

基本的に、「三角形ならば3つ、5角形ならば5つの回答が用意されている」というパターンである。

プレイメイト・エアーのポテンシャルを存分に引き出している。

拡張教材としても、追加のギミック、教材のほどよいボリュームにより価格も抑えられていることから利用者思いの教材設計である。

私は無料体験の日に実物を見せてもらい、ひとめぼれしてしまった。 

毎日,楽しく,英語

Q&Aカードの料金

 これもパッケージセットの差額から計算したものである。

ミッキーパッケージ+GA → ミッキー・パッケージ+GAQにすることで、会員価格で59,400円(税込)の増額となる。

 100枚で約6万円。

単純計算で1枚当たり600円と考えると、良心的な料金設定かもしれない。

・教材の詳しい解説は、こちらの内部リンクをどうぞ ↓

ディズニー英語 教材の料金と解説その8 「Q&Aカード」

まとめ 「毎日楽しく英語」を実践!トークアロング・カード

 トークアロング・カードは、ディズニー英語システムのエース教材である。

WF(株)が子どもが毎日続けられるように工夫した様子も手に取るようにわかる。

子どもの喰いつきも、言うまでもない。

ほとんどの推奨パッケージに含まれているが、ディズニー英語では外したくないエース教材だ。

 もし、初期型のプレイメイトを使われている方は、ぜひプレイメイト・エアーに触れてほしい。

更新のための差額料金が発生するが、一度検討してみてはいかがだろうか。

毎日,楽しく,英語

あわせて読みたいイチ押し記事

・無料サンプル請求&無料体験を詳しく解説(内部リンクへ)↓

ディズニー英語 無料サンプル&無料体験の魅力はいかほどか?

・「この教材が欲しい!」と思った方は、無料サンプル請求をどうぞ ↓

ディズニー英語システム

はじめに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました