【これだけは知っておきたい】ディズニー英語(DWE)幼児の自主学習におススメの理由3選

ディズニー英語(DWE)で、子どもの未来を拓く

 「これからは英語が話せないと、仕事ができない」

数十年前から言われ続けていたようだが、そろそろ現実になりそうである。

日本は先進国の中でも30年間賃金が上がっておらず、世界での競争力をグングン落としている

そんな中でこれから社会を担っていく子どもたちに、英語学習は不可欠だろう。

 小学校での英語学習が始まったとはいえ、できれば物心つく幼児期から学ばせたい

しかし英会話教室の月謝は高いうえに、送迎などによる親の負担も大きい

アプリなどを用いて自宅でできる通話型のレッスンもあるが、幼児が始めるには抵抗がある。

そんなこんなで、小学生になると

義務教育の英語が始まるから、まあいいか

と時間に解決してもらった気になる。

でも、それは言語習得に大事な幼少期を逃している

dwe,英語

DWE英語という、ひとつの解決策

 英語学習といっても、費用、時間、方法、時期など、親にはいろんな悩みが湧いてくる。

 そこでこれらの悩みを解決するおススメ手段が、ディズニー・ワールドオブ・イングリッシュ(DWE)である。

DWEいわゆるディズニー英語は、いくつもの点で幼児期の自主学習にマッチする教材である。

 この記事では、そんなDWEが、幼児の自主学習におススメな理由を説明する。

現在ご家庭で利用されているものや、利用を検討している教材ツールと比べてもらいたい。

 いち早くおススメの理由を知りたい方は、こちらの「おススメの理由」へジャンプできます。

dwe,英語

PRバナー広告のご注意

このブログの記事では、学習ツールの紹介のためPRバナー広告を各所で掲載しています。

クリックすると外部の専用ページへと移動し、各種情報の入力画面などが表示されます。

内容をよくご確認のうえ、お申し込みなどをお願いします。

0才から4才までのお子さまに、無料サンプルプレゼント実施中!

ディズニー英語(DWE) わが家の購入状況

 わが家では、2022年5月にDWEを正規購入。

購入時の子ども2人の年齢は、4歳&1歳

それまで、子どもチャレンジイングリッシュを利用していたが、DWEに切り替え

購入したセットは、「ミッキーパッケージ+GAQ」(税込 918,500円)。

購入後、日常の忙しさにかまけて特定の教材ばかり使用していた。

しかし、これではダメだ!と一念発起し、教材全体を見直し

音声or映像のかけ流しの幅を広げ、他の教材も子どもが手に取りやすく工夫を行なっている。

dwe,英語

 ・DWE購入を検討されている方へのイチオシ記事(内部リンクへ)↓

 『 ディズニー英語の料金は、高くない【学習継続して実感&購入おススメのパッケージ!】

 ・著者の私のこと(内部リンクへ) → 私のプロフィール

 ・購入をご検討中の方は、こちらから無料サンプルがもらえます ↓

「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!

おススメの理由1 DWEは自宅学習、送迎の手間なし!

 ここまで読まれた読者さんは、「わが子も英語学習が必要だな」と焦ってしまう。

しかし、英語教室はそんなに都合よく自宅近くに存在しない

通える距離にあったとしても、幼児期ならば保護者の送迎も必須になるだろう

頑張って通学できても、1週間に2回ほどだろう。

両親が共働きの世帯だと、習い事の送迎にかかる時間を捻出するのも大変だ。

送って行ったはよいが、子どものレッスン時間中に親は何をしていたらよいのか。

一度親だけ帰宅して、数十分経ったらまた迎えに行くのか?

この微妙な時間の使い方は、けっこう悩ましい。

 一方、DWEならば自宅で毎日学習が可能できる。

特に親の送り迎えが不要なことは、何にも増してありがたい。

自宅学習のメリット

 子どもの体調が悪いときや気分が乗らないとき、悪天候のときなどは、

子ども「イヤイヤ、行きたくない」

親「なんで行かないのよ」

と、お決まりのやり取りが発生する。

そんなときでもDWEならば、DVDやブルーレイ映像をかけ流しておくだけでもよい。

英会話教室などと違い、何より「さぼってしまった~」という後悔がない。

これは自宅学習の何よりのメリットだろう。

少ないながらも「英語に触れて、前進している」という満足感を、親が味わうことができる。

dwe,英語

DWEの注意

 ただし、あくまでも子どもがひとりでできるのではない

親のサポートがあってこそ、成り立つDWE学習である

幼児が帰宅して自ら教材のスイッチを入れる」ということは、まずありえないのである。

・DWE学習継続のコツについては、こちらの記事をどうぞ 内部リンクへ↓

 『ディズニー英語 学習を継続させる大前提とコツ3選

おススメの理由2 DWEの「キャラクター+仕組み」の魅力

 ご存じのとおり、DWE教材はディズニーキャラクターがてんこ盛りである。

教材の材質そのものもしっかりできているが、このディズニーキャラの使用権も教材価格が高くなる大きな原因だろう。

しかし、ディズニーのイラストには子どもを惹きつける不思議な力がある。

DWEを運営するWF(株)は、この特徴を教材のなかで十分に反映させている。

ディズニー映画の動きにマッチさせた教材

 DWE教材は、英語の単語や文章を実際のディズニー映画の映像とリンクさせている。

あのディズニーキャラクターの独特の動きや間の取り方に、英語の説明を巧みにマッチさせている。

アニマティックという手法らしいが、見事なものだ。

実際に無料の教材サンプルなどを見ると、実感しやすい。

子ども向けのシンプルな映像かもしれないが、英語を吸収するのにマッチしている。

dwe,英語

・無料サンプルについての説明は、こちらの記事をどうぞ(内部リンク)↓

 『【知らないと損!】ディズニー英語 無料サンプル&無料体験の魅力はいかほどか?

操作しやすい教材

 教材の機能面でも、工夫がそこらじゅうに見てとれる

特に2019年の大幅リニューアルによって、メイン機器の操作性が向上している。

会社として利用者の声をしっかり聴き、フィードバックさせた結果なのだろう。

親が最初に機器を操作してみせれば、子どもは自然と覚えていることが多い。

すると、親が操作自体のサポートをする必要はなくなってくる

dwe,英語

 ただし、こんな秀逸な教材でも子どもに任せきりでは性能を発揮しない。

「家に置いておけば、自然と英語を話すようになる」は、親のただの願望である。

もし実現するとしても、高額宝くじ級の確率だろう。

繰り返しになるが、ここでも親のサポートが必要となる。

・教材に頼るだけでは長続きしない理由とは? 内部リンク↓

 『ディズニー英語 教材購入前にこれを確認して!

おススメの理由3 DWEの正規購入者には、手厚い有料サポート

 さて、理由1・2で「DWEの活用には、親のサポートが必要」と繰り返した。

親しては「高額なDWE教材をうまく活用できるだろうか」と、不安になるのではないか。

しかし、安心してほしい。

そのような不安な家庭をサポートするのが、月額制のWFC(ワールドファンクラブ)である。

 DWEの正規購入者が入会することができ、学習継続のさまざまなサポートを行ってくれる

運営側にも知識やノウハウが蓄積しており、学習に関する悩みなどを解決してくれるホットラインも設置されている。

自宅学習ではインプットに偏りがちになるが、WFCでアウトプットの機会をたくさん提供している

具体的な例だが、電話などでネイティブスピーカーとリアルな会話ができるのだ

月額費はかかるが、「購入した後はほったらかし」になるのを防いでくれるのだ。

dwe,英語

・教材正規購入者の心強い味方 ワールドファンクラブとは? 内部リンク↓

 『ディズニー英語 月払いのWFCとは?

DWEのネック 教材費とWFCの月額費の負担が大きい

 DWEの最初のネックとしては、教材費が高いことだろう。

無料体験などで各セットの教材費が分かるが、おそらくギョッとする値段だろう。

家計的には、自動車に次いで高額の買い物になる。

(届いた教材量にもギョッとした)

教材費の分割払いも可能だが、その金利もバカにならない。

加えて、WFCに入会するとその月額費がかかってくる

出費がかさむことを考慮したうえで、お子さんの特性と教材の相性を見極めることが必要である。

・DWE教材が高く見えるカラクリを解明 ↓

ディズニー英語の料金は、高くない【学習継続して実感&購入おススメのパッケージ!】

まとめ DWEの英語、子どもとの相性も大事

 ディズニー英語(DWE)のおススメ理由について、ご理解いただけただろうか?

DWEの魅力を感じ始めた方に大事なのが、DWEと子どもとの相性。

実際に子どもがDWEに触れてみないと、その相性はわからない。

子どもの明るい未来を拓くために、DWEの無料サンプル請求で子どもとの相性を試してみてほしい。

・DWE教材の無料サンプル請求を細かく解説 内部リンクへ↓

 『【知らないと損!】ディズニー英語 無料サンプル&無料体験の魅力はいかほどか?

・ディズニー英語の無料サンプルは、こちらからどうぞ ↓

おためしDVD無料プレゼント![ディズニーの英語システム]

各教材も解説中

 DWE学習を継続させるには、子どもの特性に合わせた親の工夫も必要となる。

教材到着後に、親が各教材の特徴を理解したうえで子どもに提供しなければならない。

教材量は多くその活用の幅も広いため、このサイトでは各主要教材の詳細な説明も行なっている。

・クリックすると内部リンク先へ移動  →  解説!DWE教材(タグ)

はじめに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました