ディズニー英語 教材の料金と解説その4 「メイン・プログラム」

ディズニー英語 教材「メイン・プログラム」の料金と内容を解説

 ディズニー英語システム(DWE)教材は多岐に渡り、その料金も高い。

そこで親としては、教材をしっかり把握したうえで活用したい。

そんなニーズを感じ、このブログではDWEの各主要教材を解説してきた。

今回は、トークアロング・カード、ストレート・プレイ、シング・アロングの集大成として「メイン・プログラム」の料金と内容を解説する。

この記事を読むと、メイン・プログラムの詳細が分かり、お子さんの習熟具合を把握できるようになる。

 DWE教材で行なってきた学習の成果が試される。

ディズニー英語

PRバナー広告のご注意

このブログの記事では、学習ツールの紹介のためPRバナー広告を各所で掲載しています。

クリックすると外部の専用ページへと移動し、各種情報の入力画面などが表示されます。

内容をよくご確認のうえ、お申し込みなどをお願いします。

ディズニー英語 わが家の購入状況

 わが家では、実際に2022年5月にDWEを正規購入。

購入時の子ども2人の年齢は、4歳&1歳

それまで、子どもチャレンジイングリッシュを利用していたが、DWEに切り替え。

購入したセットは、「ミッキーパッケージ+GAQ」(税込 918,500円)。

このメイン・プログラム教材の内容が最もややこしかった。

娘の特性も見つつだが、ステップ・バイ・ステップにはほとんど手を付けられていない

この記事の投稿を機に、我が家でも学習を加速させる計画である。

ディズニー,英語

 ・DWE購入を検討されている方へのイチオシ記事(内部リンクへ)↓

 『ディズニー英語 購入するなら、このセットがおススメ!

 ・著者の私のこと(内部リンクへ) → 私のプロフィール

ディズニー英語 メイン・プログラムの値段

 メイン・プログラムの単品価格は表示されていないので、セットの単体合計価格の差額から計算すると、330,000円(税込)。

ミニー・パッケージ(TDS)からミッキー・パッケージ(MTDS)にアップさせる際の差額は、特別割引がかかり、256,300円(税込)

ミニー・パッケージを購入してから、メイン・プログラムのみの追加購入もできる。

しかし、まとめてミッキー・パッケージ以上を購入した方がおトクだろう。

ディズニー英語

ディズニー英語 メイン・プログラムの狙い

 このメイン・プログラムは、ミッキー・パッケージ以上でセット購入することができる

トークアロング・カード、ストレート・プレイ、シング・アロングの3主要教材も同時購入している人が大多数だろう。

それらの教材と、メイン・プログラム内のDWEブックなどで高めた英語力を、総合的にまとめ上げ”自分の言葉”として定着させるのが、このメイン・プログラムである。

ディズニー英語

 

ディズニー英語 メイン・プログラムの内容

 メイン・プログラムの内容は、かなり幅広い。

私自身、この記事を書いていて、

「あ、これもそうだったんだ!」

と気づいたものあった(笑)

 内容としては、以下のものがある。

・ステップバイステップ ガイドブック 4冊

・DWEブック 12冊

・ストーリー&ソングCD 12枚

・ステップバイステップ ブルーレイ 12枚

・子ども用リモコン

・宝箱(ライト・ライト・ペン含む)

・アクティビティボックス(塗り絵用の本4冊含む)

・プログレスブック&シール 2冊

・ベッドタイムレビューCD 2枚

 教材の多さに驚くが、学習の使用順にみていこう。

ステップバイステップ ガイドブック 4冊

 シング・アロングと同様に、ブルー本の冒頭に各教材の説明が載っている。

メイン・プログラムの全貌を把握するため、まずはここから読む。

ディズニー英語

 各レッスンの説明

 気になったストーリーや曲、アクティビティを探したり、レッスンの内容を確認したいときに使う。

大まかな内容や関連教材が載っているほか、保護者用のメモ欄もあって使いやすい。

ディズニー英語

DWEブック 12冊

 このDWEブックに掲載されているストーリーは、単なる物語ではない。

英語習得の基礎となる文法や文型がしっかり身に付くよう、各所で工夫されている。

子どもの成長過程に合わせて、ブルー、グリーン、ライムグリーン、イエローとステップアップしていく。

このプログラムが進むたび応用力が身に付き、複雑な長文も自然と理解できるようになるということだ。

ディズニー英語

 宝箱に入っているライト・ライト・ペンを使うと、絵本の内容やセリフを読み上げてくれる

ディズニー英語

 このDWEブックとストーリー&ソングCDは、基礎的な役割を果たす。

DWEブックについては、のちほど再登場する機会もある。

ストーリー&ソングCD 12枚

 DWEブックの内容にリンクした音声が流れる。

CDのかけ流しとしては、最も重宝するディスクである。

さきほどのDWEブックと合わせて、子どもが日常的に触れるところに配置したい教材。

ディズニー英語

ステップ・バイ・ステップ ブルーレイ 12枚

 ここからが、いよいよメイン・プログラムのキモである。

映像に登場する欧米系の子どもが簡単な指示をし、それに合わせる形でレッスンが進められる。

ディズニー英語

ディスクを再生し、レッスンかソングを選ぶ。

ディズニー英語

ディスク内容は、アニメーションや実写モノが混じる。

ディズニー英語

 指示内容としては、メイン・プログラムに含まれる塗り絵や、ステッカー貼り、クイズ、ゲームなどである。

 最後に、Right Light Check

 ここで、DWEブックが再登場。

ライト・ライト・ペンを用いて、正しい内容の黒丸にタッチする。

正しい答えをタッチすると、このペンが光で教えてくれる。

実は、Right(正しい)・Light(光る)・Penというネーミングだったのだ。

ディズニー英語

子ども用リモコン

 この子ども用リモコンは、我が家では今だ使っていない。

付属の赤いペラペラのリモコンで十分だし、そもそも本体のボタン操作で事足りていた。

ディズニー英語

↑ 楕円形で水色の縁のリモコンが、子ども用リモコン。

 しかし、狙いはこのステップ・バイ・ステップでの操作にあった。

ステップ・バイ・ステップは、基本的に子ども自身が自主的に操作するよう設計されている。

そこで、このシンプルなリモコンが選ばれたのだ。

ディズニー英語

 出荷時から、ミッキーメイトーを操作できるように設定されている。

(設定次第では、他の機器の操作もできる)

宝箱(ライト・ライト・ペン含む)

 ステップ・バイ・ステップの指示に従い、使用していく。

いろんなものが入っており、教材到着時にとても混乱した。

小さい車や風船もあったので、まずは幼児の手から避難させた(汗)

ディズニー英語

 それでも、ライト・ライト・ペンは最初から出しておくべきアイテム。

メイン・プログラム内では、主にDWEブックの読み上げに使用。

アクティビティボックス(塗り絵用の本4冊含む)

 これもステップ・バイ・ステップの指示に従い、使用していく。

 宝箱同様に、中身がややこしい。

塗り絵用の絵本(Activity Book)や、Activity Card、シール、クレヨンなどが入っている。

 クレヨンは使うと、ポキポキ折れて困る。

家で使っていた市販のクレヨンの方が、よっぽど使いやすい。

ディズニー英語

プログレス・ブック2冊&シール6枚

 ステップ・バイ・ステップのレッスンが終了するたび、映像内からシールを貼るよう指示される。

各ブログラムを終了するごとにひとつの絵が完成する、というものだ。

ディズニー英語

ベッドタイムレビューCD 2枚

 こどもが寝る前に使う、復習用のCD。

レッスンを行なった日の眠る前にかけることで、記憶の定着を図る。

このブックレットには、歌詞がびっちり掲載されている。

ディズニー英語

ディズニー英語 メイン・プログラムの活用方法

 メイン・プログラムは以下の2つのパートに分かれているうえ、他の教材とも相まってややこしい。

DWEブックやCDなどでの基礎的学習パート

ステップ・バイ・ステップの仕上げパート

 まずは、シング・アロングやストレート・プレイに、ストーリー&ソングCDのかけ流しも織り交ぜることをおススメする。

ストーリー&ソングにはストーリー性&12巻もあり、CDのかけ流しとして最も使いやすい。

その合間で、DWEブックを活用すると効果的である↓

ディズニー英語

 ステップ・バイ・ステップのタイミング

 ガイドブックによると目安としては4歳ころ。

しかし、具体的には以下のことができればOK。

  • 色が見分けられる
  • クレヨンを使って簡単な塗り絵ができる、鉛筆で線を書ける。
  • 日本語で数を数えられる
  • 日本語で質問&回答ができる
  • 25~30枚のトークアロング・カードの単語を見分けて発音できる。

 そして何よりも、子どもの意欲があること!

あくまでもレッスンに興味を示すことが大事で、無理に始める必要はない

ディズニー英語 嬉しい気づかい

 教材を詳しく見ていたら、嬉しい気づかいを発見。

本の中央ページのステープラー部分。

子どもが引っかかってケガをしないように、保護シールが貼られている。

子どものことを考えている教材だから、このような気遣いも生まれるのだろう。

まとめ メイン・プログラムは、ディズニー英語学習の集大成

 メイン・プログラムのステップ・バイ・ステップでは、今まで紹介した基礎的な教材を活用した度合いが分かる。

ここで親の寄り添いの集大成として、子どもの成長を感じられるのかもしれない。

ただ、ここで「高額な教材料金を払ったのだから!」と親が気負う必要はない

親の求められる役割は、以下のとおり。

  • 学習パートナー、遊び仲間
  • 努力を認める
  • 必要に応じて手伝う

 しかしほったらかしでは、子どもはこのステップ・バイ・ステップの存在に気づきもしない。

親として、強制ではない「さりげない誘導は必要なのでは」と考え、CDのかけ流しを続ける日々である。

ディズニー英語

・あわせて読みたい重要教材の記事 内部リンクへ ↓

ディズニー英語 教材解説その3「シング・アロング」

・「それでもDWEの英語学習に触れてみたい!」という方は、こちらの無料サンプル請求をどうぞ。

(バナー広告をクリックすると、外部リンクへジャンプします)

ディズニー英語システム

はじめに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました